購買へのポイント

購買段階は、見込み顧客が予算を見積もっている状態や、他社競合商品との比較検討を行っているような状態にあり、自社の商品やサービスを選んでもらうことが目的となります。コンテンツの設計ポイントは、具体的にその商品やサービスを自分で使用しているイメージを持ってもらうことがポイントとなります。実際のお客様の声やお客様の例、導入までの流れや使用方法の詳細、実際の商品を試すことができるトライアルキット、よくある質問FAQなどで、商品やサービスを身近に感じてもらえることが重要です。

リピート段階は、商品やサービスを購買後、顧客の満足度のアップを図り、ファン化させ、リピーターになってもらうことを目的とします。会員向けサイトを作り、会員限定のコンテンツやキャンペーン、会員向けのイベントの開催、ユーザー同士のコミュニケーションやノウハウを共有できるコンテンツ作りが、定着率、リピート率の向上に効果があります。ソーシャルメディアにより、口コミの力は大きく、ポジティブなこともネガティブなことも発信されて広がっていきます。特に、アフターフォローに力を注いでいくことが重要となります。

コンテンツはこのようなポイントを踏まえたうえで設計し、アクセスの解析や、キーワードの戦略設定、SEO対策、リスティング広告対策、ランディングページ最適化対策など、Webサイトの課題の分析、改善を行い、より多い集客率を目指し、顧客獲得に繋がるようインバウンドマーケティングを成功させてください。

購買へのプロセス

インバウンドマーケティングを具体的に始めるには、顧客が求める情報は何かを推察し、購買に至るまでのプロセスを作ることになります。顧客らの興味や関心の高さの段階に応じたコンテンツを用意し、適切なタイミングで提供することが必要になります。購買までのプロセスは大きく分けると4段階になります。

見込み顧客産出段階で、顧客のニーズは表面化しておらず、自社や商品、サービスに関係するワードやコンテンツを見つけてもらうための施策をおこない、潜在的な見込み顧客を集めます。顧客のニーズが定まり積極的に情報を収集する前の段階なので、商品やサービスについての情報を発信してもなかなか興味を持ってもらえないので、ターゲットとしている顧客層の興味や関心が高い話題は何かを検討し、コンテンツを設計します。

育成段階は、顧客のニーズが定まり、顧客が自ら積極的に情報を収集することを始めている状態にあります。その顧客らが知りたい情報や、疑問に思ったことに対して解決する情報を提供し、理解してもらうことが目的となります。情報収集の過程で、顧客が欲しいと思っている情報を想定し、コンテンツを設計します。見込み顧客は、自社と商品、サービスなどと関係性のある内容や課題、業界などのコンテンツを探しているため、課題別や業界別、商品活用方法別など、いろんな方向からのコンテンツを設計、準備することがより多くの顧客の理解を得ることに繋がります。

注目のインバウンドマーケティングの手法

日進月歩で移り変わるインターネット業界の中で、今新しいマーケティングの手法が注目されています。これから、インターネットを活用してビジネスをはじめたい、今までの方法ではあまり収益を上げられなかった、という方におすすめなのがインバウンドマーケティングとなっています。当サイトではインバウンドマーケティングでどのような点を注意すればいいのか、どのようなシステムになっているのか、ということを具体的にご紹介していますので、これからインターネット業界への参入を考えている方やインバウンドマーケティングに興味がある方はぜひ参考にされることをおすすめいたします。

インバウンドマーケティングについて知っておくと、いろいろな投資方法やビジネスモデルについて知ることができますので、新しい広告の選択肢として検討をすることができます。また、インターネットを活用したビジネスモデルでも、現在のイメージとはまったく違った新しい手法を検討をすることができます。どのように新しいビジネスに参入していくのか、ということも含めて、ぜひインバウンドマーケティングについて知っておくと、今までと違った視点からマーケティングのことを知ることができるでしょう。どのような投資方法があるのか、何に対して注意をすればいいのか、ということも含めて具体的に検討しておきましょう。その際にはインバウンドマーケティングについて知っておくと、いろいろな選択肢を設けることができます。いろいろとプラスになる部分も多くあります。